旅行

台湾・台中【彩虹眷村】どこを撮っても美しいRainbow Village

採虹

台湾・台中観光で一番よかった(むしろ、台湾旅行で一番よかった)観光地が、彩虹眷村(Rainbow Village)です。

壁画だと思っていたら地面まで描かれており、村全体が絵画でした。

彩虹眷村・Rainbow Villageとは

再開発のために取り壊し予定だった村に住んでいた黄永阜さんが村に絵を描きはじめます。それが話題になって観光客が来るようになったため取り壊しは中止になり、村の保存が決まった。

彩虹眷村・Rainbow Villageの様子

カラフルさ、可愛らしさも素敵なのですが、それに加えて平和や愛が感じられるメッセージが書かれており、とても心が温まりました。

この絵に描かれている言葉は、結婚のお祝いの言葉で

  • 永結同心:永遠に心を1つに
  • 百年好合:百年たっても仲良く

という意味だそう。

カップルで写真を撮ると良さそうですね。

  • 知足:足るを知る

中国の思想家、老子の「足るを知るものは富む」からの言葉。ヨガをしていて、知足(ヨガだとサンスクリット語でサントーシャと呼ぶ)を大切にしているので、これを見て「おお~!」と思いました。分をわきまえて多くを望まない・今あるものに感謝して生きることが幸福への道みたいな感じで捉えています。すごい大事。

  • 天賜良縁:天が与えた良縁

んん、カップル・夫婦は是非ここで写真を!

後で意味を調べたので、私は旦那と撮りませんでしたが(笑)

でも、日本人なら漢字からなんとなく意味もわかり、調べなくても平和な気持ちになると思います。これが全部、1人の人の頭の中にあったイメージなのか…と感動しました。

売店(飲み物、アイス)やお土産屋さんもある

村の中には、飲み物やアイス、お土産物を売っている売店もあります。

↓ここで飲み物を買いました。

飲み物のカップも可愛い!

彩虹眷村へはUberが便利

台中駅周辺から彩虹眷村までは、Uberで約270元(1,080円)でした。

バスでも来ている人もいたのですが、台中駅からタクシーでも30分くらいかかるので結構遠いです。

Uberのタクシー運転手の方は、英語も日本語もできないのが普通ですがアプリで目的地を指定していますし、待ち合わせ場所さえ分かりやすい場所にすれば大丈夫です。

言葉が通じない場合は電話がかかってきては困るので、待ち合わせ場所の指定は大事です!

実は帰りに彩虹眷村の前のバス停からUberを呼べばよかったのですが、彩虹眷村内から呼んでしまい、その位置情報を見ながら来たUberとうまく待ち合わせできず中国語でメッセージが届きました。

Uberがどこに停車しているかはアプリでわかるので「just a moment」とメッセージを打ち、自分の位置情報を共有しながらお互いに近づいていき、無事会うことができました。

彩虹眷村・基本情報

住所:台中市春安路56巷

入場料:なし

台中で1番の観光スポットでした。それをたった1人の人が作ったこと、どの絵も平和や愛が感じられたことは感慨深い。感動しました。

 

ABOUT ME
オンライン英会話主婦クマコ
オンライン英会話ネイティブキャンプを初めて1年9カ月になりました。1000回・400時間以上のレッスンを受けた結果、英語力が爆上げ!!フィリピン、セブ島に短期の語学留学にも行ってきました。仕事で英語を使わない主婦が英語を話せるようになったら人生がどうかわるかを実験中です。今まで何度も英語の勉強に挫折してきた経験から「楽しく学ぶ」がモットーです。