オンライン英会話

オンライン英会話Cambly(キャンブリー)を3ヵ月体験してみた口コミ・評判

クマコ
クマコ
このページではオンライン英会話のCambly(キャンブリー)を週3回×3ヶ月実践した感想を書きます。3ヶ月で25回のレッスンを11人の講師から受講しました。

↓Cambly(キャンブリー)では、1回15分の無料体験レッスンが受けられます。是非試してみてください。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】


 

 

オンライン英会話Cabmly(キャンブリー)基本情報

特徴

  • ネイティブ講師が多数在籍
  • 15分・週1回から学べるカスタマイズのしやすさ(月2,074円~)
  • レッスン録画機能がある
  • 予約なしでも24時間レッスン可能

などの特徴があります。

 

Camblyはこんな人におすすめ

Camblyは特にネイティブ講師からレッスンを受けたい人におすすめです。さらに詳しく言うと

自主的にオンライン英会話に取り組める人

Camblyはテキストもありますが、さほど充実していません。TwitterでCambly学習者さんを見ているとフリートークや持ち込み教材を使って学んでいるケースが多いように感じました。

普段、ネイティブキャンプでテキストを選んでおけば先生が自動的に進行してくれるシステムに慣れていたため戸惑いました。持ち込み教材としては興味のある記事を2回持ち込みましたが、教材として最適化されている訳ではないため、本当にこれがテキストよりも効果があるのだろうか?と迷いました。結局、Camblyのテキストでのレッスンに切り替えて受講しました。

今思えば、(大きな声では言えないですが)他社のオンライン英会話の教材を持ち込んでやればよかったかもしれません。仕事で英語を使う人であればプレゼンを聞いてもらったり、メールチェックしてもらったり、仕事関連の資料を読んで分からないところを質問するのは勉強になりそうです。

 

 

英会話中級者以上/初心者はおすすめではない

本当に効率的にレッスンを受けたい場合は、お気に入り先生を見つけて、どういう方向性で学習したらよいかを目標も踏まえてよく相談したほうがいいと思います。となると、それを伝える英語力は持っていたいので中級者以上がいいと個人的に思いました。

もちろん、イギリスに住む予定がある、ネイティブと会話をする機会が多い、その国の背景ごと学びたい場合はいいと思います。あとは「その国(アメリカ・イギリスなど)が好き」とかもCambly向きだと思います。

でも、限られた経費のなかで効率よく英語を上達させたい場合は、初心者のうちは他のオンライン英会話(ネイティブキャンプDMM英会話レアジョブ英会話QQ English
)などでノンネイティブ講師と価格を押さえて毎日英会話をした方が上達すると個人的には思いました。(ノンネイティブ講師の発音は大丈夫か?と感じる方、大丈夫です、まったく問題ないです。)

 

 

他のオンライン英会話と併用したい人

プランは以下を自由に組み合わせでき、カスタマイズがかなりしやすいです。

頻度:週1回、週3回、週5回、週7回

×

1日あたりのレッスン時間 15分、30分、60分

週1回プランを他のオンライン英会話と併用するのはいいなと個人的に思っています。ちなみに、1年契約をすれば30分・週1回のプランで月額3,504円(1回あたり876円)とかなり安く受講できます。

現在、私が使っているネイティブキャンプは月額6,480円でレッスン受け放題とお得ですがネイティブ講師の予約には1回1,000円必要です。

 

 

一番のおすすめポイント=レッスン録画機能

レッスン録画機能は、Camblyの最もおすすめの点だと思っています。他のオンライン英会話で録画機能があるサービスを見たことがありません。

レッスン後に動画を見て復習することで、とても勉強になります。

例えば、自分の発音や言い間違いを確認することができます。私は特に、相槌で「へ~」と日本語が出てしまうので注意をしたいと思いました。

ネイティブの英語は早くて聞き取りが危うい時がありますが、なぜ聞き取れなかったのかをチェックするのにも役立ちます。

 

 

 

一番の戸惑いポイント!「ネイティブ講師のレッスンは特別」は間違い

普段使っているオンライン英会話ネイティブキャンプでノンネイティブ講師の予約は200円、ネイティブ講師の予約は1000円です。ノンネイティブ講師とのレッスンでも沢山の学びがある中、ネイティブ講師を予約する時は、ネイティブでないと分からないであろう明確な質問があるとか、ノンネイティブ講師では指摘してくれない発音訂正をしてほしい時など目的があります。つまり、私にとってのネイティブ講師のレッスンはずっと特別なものでした。

だから、Camblyで週3回もネイティブ講師とレッスンできるとなった時、はじめの1カ月は、特別なレッスンだ!と気負ってしまい空回りしてしまった。ノンネイティブ講師とのレッスンに慣れている人に伝えたいのは、ネイティブ講師とのレッスンは特別ではない。種類が違うだけということです。

では、ノンネイティブ講師とネイティブ講師のレッスンの違は何でしょうか?

ネイティブ講師とのレッスンでは、自然な表現か?をチェックしてくれます(文法的に正解でも自然でないことは多々ある)。似た単語の微妙な違いを教えてくれます。イディオムやスラングを教えてくれます。個人主義の社会で生まれ育ってきた人の考え方から学べるかもしれません。あとは、金銭感覚が近い人たちとの会話が楽しいというのもありました。(発展途上国の人に海外旅行や贅沢品の話をする時は相手の経済状況に配慮して話すため。)

上記のようなことを求めているか?楽しいか?がCamblyを選ぶ基準になるのかなと思いました。

 

 

戸惑いポイント2=講師検索のしにくさ

講師検索はそもそも差別か?

ネイティブキャンプでは、国籍、年齢、性別などで講師を検索できるのですが、Camblyではアクセントが北米・イギリス・オーストラリアか?くらいでしか検索できません。Camblyはアメリカの会社が運営しているオンライン英会話ということもあり、詳細な条件設定で人を検索するのは差別的だという意識からかもしれません。

Camblyと他のオンライン英会話との違いは、講師側への配慮・講師と生徒が対等の立場にあるというところからきているのではないかと思いました。もちろん他のオンライン英会話でも人と人として対等であるべきなのですが、日本資本のオンライン英会話はお客様志向で、先生たちの立場が弱い感じがします。

 

Camblyはそもそも人気講師を検索できる仕組みではない

Camblyでは人気講師を検索して、サクッと受講することはできません。その代わり、他のオンライン英会話で見られるような予約合戦もありません。(予約合戦とは、人気講師の予約をしたい人が沢山いるため、先生が予約枠を開けた瞬間に沢山の人が待ち構えていて予約するという状況のこと。これが結構疲れます。)

▼私のCamblyとネイティブキャンプの印象の違いはこんな感じです。(不謹慎ですみません)

つまり、人と人が普通に出会って仲良くなるプロセスをオンライン英会話でも踏む感じです。英語ネイティブの集まるバーで友達を作るってなかなかハードルが高いですが、Camblyバーに行くととりあえずは1人15分なり30分なりは必ず相手をしてくれる。自分も自己紹介したり、自分の勉強の方向性を語って自分を知ってもらう、相手を知ろうとするところから人間関係を構築していく感じ。結構、努力が必要です。

 

結局どうやって講師を選択したか?

良い講師の手掛かりとなるのは、5段階評価。また、ある一定の基準を満たした「経験豊富で評価の高い講師」は、スーパー講師という記載があります。そこで、スーパー講師・評価4.9以上の人と4.8台もプロフィールを見て興味があれば受講するということにしました。ただし、何人ものプロフィールを読むのは結構疲れます。そこで、以下の2パターンで選ぶことにしました。

 

 

受講したい時間にレッスンしているか×評価が高い

  1. 自分が受けたい時間にオンラインになっている講師で評価が高い講師をお気に入りに複数名登録
  2. 時間がある時にプロフィールを読む
  3. 気に入れば予約

 

 

話すテーマを決めてキーワード検索

キーワードでの検索ができるので、話すテーマを決めてキーワードで検索。私は東南アジアに暮らしているネイティブに話を聞きたかったので、タイ・ベトナム・セブなどで検索して、どんな生活をしているのかを聞いたりした。またヨガが好きなので、ヨガでも検索。また、日本人に慣れている人を探すためにJapanでも検索しました。

 

結局、後者の検索方法で検索した、東南アジアに住んでいる先生と日本に住んでいた経験のあるイギリス在住の先生のお2人をお気に入り講師としてレッスンを受けることになりました。

レッスン総数25回のうち、東南アジア住の先生を6回、日本に住んだことのある先生を8回受講しました。

やっぱり、共通の話題がないと「気が合う」という感じがしないのと、アジア人がどんな人たちかをまったく知らない人と気持ちよく会話をするのってかなり大変だなと感じました。

ただ、キーワードで検索した場合、レッスンをしていない講師や受講したい時間にレッスンしていない講師も表示されるため、「受講したい時間帯にレッスンしているか」はスケジュールを見て確認しないといけません。

 

Camblyでは、講師と生徒の間のメッセージのやりとりが公式ページでできるため、レギュラー生徒になれば講師からスケジュールを開けた際に連絡がくることもあるそうです。なので、生徒側もお気に入り講師を見つけたら今後も受けたい旨を伝えておくとよいとか。ま、はじめのうちは、プロフィールの印象がよければ受講して気が合えば関係が継続していくという、普通の人と人のコミュニケーションをしていけばいいということなので気負わずやればよいと思います。

 

講師の質は?

これは、どのオンライン英会話も同じですが人によります。

でも全体的に講師の質は高いと感じました。お気に入り講師として受講していたお2人は間違いの訂正、1つの質問から複数の知識を与えてくれるなど大満足でした。

また、フリートークで東南アジアを現地の人ではない視点から見た印象を聞けたのが、面白かったです。そして、東南アジアに住んでいるネイティブの方と色々話していると皆さん軽やかで自分の感じることに忠実に生きている姿勢から学べることが多かったです。

人によってはただのお喋りで終わってしまうこともあるし、一度、講師の間違いを指摘した後、態度が悪くなってしまったケースもありましたが、多くの先生はプロとしてちゃんとやってくれるという印象でした。

 

まとめ

Cambly(キャンブリー)

  • 多数のネイティブ講師が在籍するオンライン英会話です。
  • 週1回15分~コースがあり生活スタイルに合わせて受講できます。他のオンライン英会話との併用も可能な価格です。
  • レッスン録画機能があり、復習がばっちりできます。
  • ネイティブ講師とのレッスンは特別なのではなくノンネイティブ講師とのレッスンと種類が違うだけだと心得て、肩の力を抜いて受講しましょう。
  • 人気講師をサクッと検索し、テキストを進めてもらうレッスンではなく、気の合う人を根気強く見つけてコミュニケーションを取る中でよい関係性を築いていく必要があり、学習に対する自主性と英語力が必要です(英語中級者以上向け)
  • 講師の質は多くの人で良く、他のオンライン英会話と同様で人によります。

 

以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました!

15分の無料体験レッスンがあります。興味がある方は、トライアルレッスンを是非受けてみてください↓

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】


 

ABOUT ME
オンライン英会話主婦クマコ
オンライン英会話ネイティブキャンプを初めて1年9カ月になりました。1000回・400時間以上のレッスンを受けた結果、英語力が爆上げ!!フィリピン、セブ島に短期の語学留学にも行ってきました。仕事で英語を使わない主婦が英語を話せるようになったら人生がどうかわるかを実験中です。今まで何度も英語の勉強に挫折してきた経験から「楽しく学ぶ」がモットーです。