セブ留学

セブ島でクレジットカードは一部使えるが、現金はいる。

セブ島で語学留学に2週間行ってきたのですが

クマコ
クマコ
クレジットカードは使えるの?

沢山の現金を持ち歩きたくないけれど、現金は必要なのかな?

ATMは多く設置されているのかな?

等お金に対する疑問が色々ありました。

このページでは、セブ島でのお金のあれこれを書きたいと思います。

 

 

クレジットカードは使えるが、現金はいる。

  • ホテル
  • ショッピングモール(1部使えない店もある)
  • レストラン
  • 大きめのスーパー
  • Grabタクシー

等でクレジットカードが使えます。

しかし、日本ほどクレジットカードが普及しているとは思えませんでした。高級なホテルに泊まり、ホテルからすべてを手配してリゾートとしてセブ島を楽しむならクレジットカードで大枠カバーできるのかもしれませんが、それ以外の場合は、現金をある程度持っている必要があると思いました。

  • タクシー(Grab以外)・レンタカー・フェリー
  • 小さなお店

はクレジットカードは使えません。(レンタカー・フェリー等は、エージェントを通して手配したらクレジットカードが使える場合があるかもですが、値段が高くなります。)

コンビニは、クレジットカードを使っている人を見かけなかったので使いませんでした。

✴︎私が実際に現金で払ったものは、マッサージ店などでのチップ、コンビニ、フェリーやレンタカー代、観光地の入場料、ナイトマーケットでのご飯、パン屋、ランドリー屋、ケーキ屋など。

クレジットカードの種類については、JCBも使えるケースはありますが、使えないケースもあるので、できればVISAMasterCardを持って行った方がよいです。

 

 

 

 

お釣りがでないことがある。結局、現金はいる。

小さいお店やタクシーでお釣りがないと言われることがあります。タクシーは特に。

例えば、タクシー代が160phpに対して500phpとか1000phpしか持っていないと、お釣りがないと言われた時に困ります。100php札+50php札+10phpコインで払うか、せめて100php2枚で残りはチップとして渡すくらいでないといけない。

マッサージ店でも、600phpに対し、1,000php出すと100phpありませんか?と聞かれました。100php持ってないですと断ると、ちょっと少なめのお釣りをもらえる感じです。(お釣りを用意しておく習慣がないらしい。)

そこで、小さいお店での支払いやチップ用に小さい紙幣を持つ必要があります。

結局、お釣りが出せそうな大きなお店(ショッピングモールやスーパー)で1000phpなど大きな紙幣を使うので、クレジットカードを使うシーンがほぼありませんでした!

 

 

ATMは沢山ある。クレジットカードは主に現金引き出し用として使った。

沢山の現金を持ち歩くのは嫌だったのでクレジットカードでATMから現地通貨を引き出すようにしました。

ATMは、ショッピングモール・スーパー・観光地にある売店、銀行にありました。留学先のFourWord徒歩圏内に最低でも3つは見つけたので不便はありませんでした。

10,000php(22,000)引き出した時の現地手数料は、250php(550)でした。ちなみに、ATMで引き出せる上限が10,000phpのようで、20,000phpを引き出そうとしたらクレジットカードが出てきてしまいました(焦る)。(銀行でもスーパーでも同じでした。)*1円=2.2phpで計算

ちなみにマネパカードというプリペイド式のクレジットカードを作っていったのですが為替手数料等を含めて10,000phpを引き出すのにかかった手数料は合計で1,000ほどでした(高いっ!!)←マネパカードは、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルの場合手数料がとても安くお得だが、それ以外の通貨はそこそこかかる様子。

 

 

円からphp(ペソ)への両替はショッピングモールで

空港で両替をするとレートが悪いらしく、ショッピングモールで両替することが色んなサイトでおすすめされています。外国にその国の通貨を持たずに入国するなんて不安すぎる!と思いましたが、学校スタッフさんが空港にお迎えに来てくれたし、1日目に必要なトイレットペーパーや軽食を渡してもらったので、次の日の昼休みに徒歩圏内のJセンターモールに行って両替をしました。

1円=0.4710php/1php=2.123円で両替しました。

クレジットカードで現地通貨を引き出した時のレートは

1円=0.4516php/1php=2.2円くらいでしたので、クレジットカードで引き出すよりもお得でした。

*空港のレートは確認し忘れました…。

留学でない場合は、数日生活する用のお金を空港で両替して、その後ショッピングモールで両替するのがよさそうです。

 

 

結論:現金はいる。そして、次回のセブ島訪問はこうしようと思う。

結論:クレジットカードは一部使えるけれど、現金はいる。というかほぼ現金で支払った。

今回、セブ留学でのお金管理は以下のようにしました。次回も大枠このままでいいかなと思っています。

  • 金はある程度持っていく。
  • ATM10,000phpずつ引き出す。(手数料は覚悟する)
  • プリペイド式のクレジットカードを使う。(今回は、ほぼGrabでしか使わなかった)
  • 両替は、ショッピングモールがお得。空港からホテルへの送迎がない場合は、空港で最小限のお金を両替する。(クレジットカードを登録したGrabアプリでタクシーを呼び空港からホテルに移動、次の日にすぐにショッピングモールへ行って両替するという方法もありますね。不安ですが。)

ジムニーを使わない場合、セブでの移動はほぼタクシーになります。今回、普通のタクシーとGrabタクシーの両方を使い、ほぼ毎日乗っていたのですが、もしかしたらGrabタクシーをなるべく使ってタクシーのお釣りをあんまり考えなくてもいいようにしてもいいかもしれません。

 

▼▼▼Twitterでアドバイス色々いただきました!ありがとうございます!

  • デビッドカード(カードを使うと口座から引き落としされるカード)を使う
  • 現金を持つ(換金率がいい)
  • ウエスタン・ユニオン海外送金サービスで自分に送金してセブ島で受け取る(まとまった金額だとATMより手数料が安い)

Twitter( kumako_eigo )で英語学習についてシェアしています。ご興味ある方はフォローしてみてください!

 

ABOUT ME
オンライン英会話主婦クマコ
オンライン英会話ネイティブキャンプを初めて1年9カ月になりました。1000回・400時間以上のレッスンを受けた結果、英語力が爆上げ!!フィリピン、セブ島に短期の語学留学にも行ってきました。仕事で英語を使わない主婦が英語を話せるようになったら人生がどうかわるかを実験中です。今まで何度も英語の勉強に挫折してきた経験から「楽しく学ぶ」がモットーです。