読書

【感想•要約】ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方(伊藤 洋志)

このページでは、伊藤 洋志さんの「ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方」の要約、感想について書きます。

  • 副業をはじめたい、起業したいけれど難しそう…
  • フリーになっても、それ一本で食べていけるか不安…
  • ライフワークバランスを意識した働き方にシフトしたい

という方におすすめ。副業や起業を難しくとらえずにまず月3万円くらいを目標にゆるりとはじめてみよう。しかも、1つの仕事のみをする必要はないよというような内容です。

 

【要約】ナリワイをつくる

ナリワイとは

  • 個人レベルではじめられる(従業員がいらない、大きな資金調達がいらないなど)
  • 自分の時間と健康とマネーを交換するのではなく、やればやるほど頭と身体が鍛えられ技が身につく

仕事のこと。

暮らしの中からニーズを見つけて仕事を生み出していく。例えば、家の解体や農家の収穫時期の手伝い、旅のアレンジなど。一つ一つの仕事の利益は小さくてもそれを複数持つことで生活できるレベルの収入を得るという提案をしています。筆者が実際やっているナリワイの具体例も紹介されています。そして、生活コストを下げることの重要性にも触れられています。

 

 

感想・具体的に生活に活かしていること

私は、会社に所属しながらバランスのよい生活をすることができずにいました。

しかし、結婚して仕事を辞め、田舎に引っ越してきてみると、個人経営のお店やサービスが多数あり、そこまで拡大することなくバランスよく暮らしているように見えました。

結婚後もフルタイムで働く予定だったのですが、一度立ち止まって自分の人生について考えたいと思い、好きだったヨガのインストラクター資格を取って、フリーのヨガ講師とパートをすることにしました。

フリーランスの仕事は、量をコントロールでき疲弊することなく働けますし、パートは時間が決まっているのでいつまでも残業することもなく、今までとは全然違う働き方ができてとても満足しています。

また、今はお客様と直接接するので、以前よりも人に役立っていることを実感しながら働けています。

フリーで働くとか、起業とか、副業ってやたら難しいイメージがあったのですが、この本を読んで、自分がかなり大規模なビジネスを想像していたことに気付きました。カタカナで「ナリワイ」と呼ぶとそんなに怖くない!

また、1つのナリワイで生活できるほど稼ぐのって本当に大変です。ヨガ講師なら、体を酷使して壊してしまうかもしれませんし、集客力もかなりいります。

私は、この本のお陰で、パートに頼らずフリーの仕事一本でやっていかなきゃ!という焦りはありません。むしろパートで安定収入があるため、不安感なく新しい学びや仕事にもチャレンジできます。

この本では、たびたび月3万円×10本仕事をして月30万円稼ぐことが書いてありますが、個人的な意見としては、10個違う仕事をすると各々が自動化できず疲れてしまうので、可能であれば月3万〜10万円くらいの仕事を自分の稼ぎたい金額に合わせて複数持つのがいいかなと思っています。

複数の仕事をしていると、(方向性がバラバラなので)「一体何がしたいの?」とか聞かれます(笑)あとは、1つ1つの仕事は少ししか稼いでないので、1つの仕事に注目されて「どうせ、主婦の趣味の仕事でしょ?」等々言われることもあります。でも、私は幸せに生きるために小さく複数稼いでるんだよねと納得していて、あまり反論もしていません。

ガツガツ稼ごうと他者と競う必要がないので、ストレスも少ないです。そうすることで、心に余裕が生まれ、新しい仕事にチャレンジすることもできます。今は2つのナリワイ+主婦ですが、細々した仕事の種もあって、もう1つくらい形にしたいと思っています。

(注:私はかなりナリワイを拡大解釈して幸せに働ける小さな仕事=パート・主婦もナリワイとしています。主婦業を1つのナリワイとして捉えるとオーバーワークにならずいいかなと個人的に気に入っています。)

この本は、私の生活スタイルそのもので、幸せになれるヒントがあります。興味のある人は是非読んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

 

 

*私はたまたま仕事を辞めて考える時間がありましたが、会社員の人は、お仕事をしながら月3万円の副業をしてみるという方向で考えてみてください。自分でお金を稼ぐのとても勉強になります(お金を稼ぐ仕組み作り・人に役立つことの対価が利益である実感・会計・税金etc)

ABOUT ME
オンライン英会話主婦クマコ
オンライン英会話ネイティブキャンプを初めて1年9カ月になりました。1000回・400時間以上のレッスンを受けた結果、英語力が爆上げ!!フィリピン、セブ島に短期の語学留学にも行ってきました。仕事で英語を使わない主婦が英語を話せるようになったら人生がどうかわるかを実験中です。今まで何度も英語の勉強に挫折してきた経験から「楽しく学ぶ」がモットーです。